コスパを考えたらiPhoneという選択肢はなくなる

money

実は私、去年結婚しまして、ステータスが独身から既婚者に変わったのですが、そこで大きく考え方が変わったのはお金の使い方、というところでした。もともと趣味がガジェットいじりだったので、自作PCを組み立ててみたり、iPhoneの様々な有料アプリを落として使ってみたりしていたのですが、家計の事情という目を避けられない問題に直面し、考え方を変えざるを得なくなりました。

変更点1:スマートフォンをAndroid SIMフリーへ

まず最初に変えたのは、スマートフォンをdocomoのiPhoneからSIMフリーのAndroidに変えました。もともと月額9000円くらいで使っていたのですが、SIMフリーに変えたことで費用が激減し、月2000円ちょっとまで落とすことができました。使っているMVNOはみおふぉんです。音声通話付き。

01

音声通話機能付きSIM(みおふぉん) | IIJmio

端末の方はASUSのZenfone5。イケダハヤト氏も使っていましたね・・。

Phone | ZenFone 5 (A500KL) | ASUS 日本

[クチコミ] iPhoneはセレブの持ち物!3万円で買える格安スマホ「Zenfone 5」で十分 : まだ東京で消耗してるの?

今年の2月頃買いましたが、価格は3万円前後だった気がする。今のところ使っていて特に不便なし。オフィシャルカバーも併用していて、これがなかなかカッコよくていい感じです。

これで、iPhoneで行っていたことはすべてZenfoneでもできる。しかも月額料金が1/4となれば、もはやiPhoneを使い続ける理由がない。まあ、iPhoneというかキャリアを利用する意味、というところでしょうが・・・。ただiPhoneは端末自体も高いので、もしSIMフリーで買うとしても、よっぽど魅力的な機能がついたら、ということになりそうですが。

変更点2:MacをThinkPadへ

3年前に買ったMac book Proをずっと使っていたのですが、さすがに持ち歩くのは重いため、あと仕事上の関係でThinkPad x240を買いました。価格はソフマップセールで4万円でした。CPUはceleronなので、ハードな仕事は任せられないのですが、ブログ執筆と簡単な画像加工ならこれで十分です。メモリは8GBまで自分で増設しました。Windows10もバッチリ動いておりますよ。軽いし、コンパクトで扱い易いのでとても気に入ってます。こいつは完全に買って正解だった。

変更点3:その他のガジェットもコスパ重視

スマートウォッチを買う際も、できる限りコスパ重視で・・・。というわけでPebble Steelを買いました。幸いなことに、自分のニーズと合っていたことと、他のスマートフォンが微妙だったこともあり、満足のいく買い物ができました。

Pebble Steelが到着!こりゃ世界が変わるわ・・・

とにかく機能重視。ブランドで上乗せされた価格に目をくらませてはいけませんね。価格が高いからといって幸せになれるとは限らない。

まとめ

あまり金額ばかりに目がいくのも違うのかもしれませんが、間違いなくキャリア利用のiPhoneだけはコスパが悪いと断言できる。iPhone6sで盛り上がっていますが、より幸せになれる使い方がないのか、客観的に見る必要がありますね。

photo credit: Money via photopin (license)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です