仮想通貨情報の追い方について

こんちは。シラフジ(@nochis2016)です。

新聞にもアルトコインの情報が載るようになってきましたね。

読売新聞一面リップルキター!

これで、今まで仮想通貨=ビットコインだと思っていた人が、段々と認識が変わってくるのだと思いますが、ネットを見ていると、情報の移り変わりの早さに驚きます。

去年の12月時点でビットコインの将来価格は?

僕は去年からずっと情報を追ってましたが、去年の12月にビットコインが220万をつけた段階では、2018年はビットコインは1000万を超えるといったツイートをよく見かけました。

最低500万、1000万は超える、みたいな意見も多かったですね。

中には1500万はいける、みたいな話も。もちろんポジショントークによる希望的観測がほとんどですが。

また、一般人がビットコインを保有できる最後の年とかも言われてました。

2017年は中流でもビットコインを買える最後の年になる!?

でも、そこから価格が暴落してから、そういった意見を見ることはなくなりました。

ビットコインの価格が上昇し過ぎたことでアルトコインに資金が流れたことや、年末のリップル祭りで一気にそちらに関心が向いたことが原因でしょうね。

で、今は完全に注目はアルトコインに集まっています。リップル、ネム、トロンなどある程度規模のあるアルトコインたちですね。

それらが爆上がりしていることで、これまでアルトコイン筆頭だったイーサリアムすらやや影が薄くなるほどです。

話題に上がるコインに共通しているのは、単価あたりの価格が安いこと。イーサリアムは現在12万くらいですが、リップルは最近まで300円、トロンは25円くらいです。結局、買いやすさに注目がいってしまうのでしょうね。

イーサリアムも着実に伸ばしてはいるのですが。

最新情報を仕入れつつガチホが基本

僕はコインポストなどのブログも見るのですが、基本はツイッターで情報を集めてます。

日本の新聞とかはダイジェストみたいな感じで見ているので、あまり頼りにしてません笑

情報が遅すぎるんですよね。仮想通貨はリアルタイムで見ていかないと乗り遅れます。

ただ、信頼できるポートフォリオさえ組めれば、あとはガチホです。高騰が起きるたびに乗り換えていてはキリがないですし、しっかり調べて買ったコインであればよほど下手をこかない限り上がります。

そのためには人から聞いた情報だけで買っている人は弱いですね笑

そんなわけで、ツイッターでトレンドの通貨をしっかりチェックをしつつ、乗り遅れないようにしていきましょう。今日はトロンがすごい!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です