paypayを使う前に知っておきたい3つのこと

20%還元のpaypay祭り!昨日の記事で書いた通り、paypayを使ってApple製品を買ったわけですが、使う前に苦戦したり、知っておかなければいけないことがあったりしたので、簡単にまとめておきます。

ちなみに、昨日の記事はこちら。

paypay祭りに便乗してApplewatch4を買ったよ! | 鹿嶋市・神栖市ブロガーの雑記「nochis」
何事も勢いが大事ということで、買ってしまいました、Applewatch4。 巷ではpaypay祭り開催中ということで、家電量販店は大賑わいですね。 僕は渋谷の家電量販店を巡っていたのですが、やはりいつもよりも混雑してる感じでした。主にApple製品のエリアが。 店員さんも対応に追われているようで、一軒目、僕が欲しい商品がない旨を伝えたら、わかりましたー!と言って早速次のお客さんの対応に向かってました。 こんなツイートをしましたが、見た感じApple製品は飛ぶように売れており、僕の目当てはApplewatchでしたが、在庫もほぼなかったです。 クリスマス前だというのに、Appple製品の在庫は壊滅的で、滅多にない実質20%引きは、相当インパクトが強かったものと思われます。 まとめ 乗るしかない、このビッグウェーブに、ということでめちゃいい買い物したなって感じですが、まぁ無駄なものを買う必要はもちろんないわけで。 ただこの盛り上がりはなかなか楽しいものがあるので、いつ100億円使い切られるのか、今から楽しみですね。

全額ポイントバックは最大10万円分まで

Twitterを見ているとチラホラと当選している人を見かけますが、全額バックはめちゃめちゃ魅力的ですよね。実質タダで買えるわけですから。

で、全額バックというと勘違いしがちなのですが、ポイントバックの上限が設定されており、最大で10万円分までです。

まぁ、当たればラッキーなので、あまり気にする必要はないかもですが、10万以上の買い物で当選したとき、なんで全額じゃないの!?とならないために念のため。



金券類は対象外

FGOマスターの方々であれば真っ先に思いつきそうな、iTunesカード購入でのポイントバックですが、残念ながら今回の対象には入りません。

Amazonギフト券なども同様です。なので、今回は大人しく「モノ」を買うようにしましょう。

クレカ登録でJCBカードは対象外

割と最初の段階で絶望したのが、クレジットカードの登録において、JCBカードが使えないことです。

なん、、だと、、!!

メインがJCBカードの自分としては、かなりショックだったのですが、仕方なくみずほ銀行の口座を登録しました。

みずほについても、ダイレクトバンキングの番号とかわからず、その場合、通帳の最終残高を求められるのですが、最初に作っていじってなかったので、1000円で入れたらなんとか通りました。

この照合方法は正直どうかと思う。



まとめ

意外と盲点なポイントですが、20%バックのインパクトが大きいためになかなか見落とされがちです。

paypayは一度チャージしてしまうと、口座に戻すことは当然できないので、しっかり注意点を抑えた上で利用したいものです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です