ジムに行き始めて良かったことをまとめてみる



今年に入って最も大きな変化は、ジムに行くようになったことです。

2月頃から地元のジムに毎週行き始め、後半からは家の近くにできた24時間ジムにいくようになりました。奥さんには若干呆れられていますが、今では週末身体を鍛えることが至上の喜びです。

あまり何かを続けることが得意でない僕にとって、ジムに毎週行き続けているのはある意味奇跡なのですが、具体的にジムにいくようになって、どんなメリットがあったのかを振り返ってみたいと思います。

身体がデカくなった

まずは見た目。もともとランニングはしていたのですが、やはり筋トレをするようになってからは明らかに身体つきが変わりました。上半身も下半身もガッチリしましたね。

周りからもなんだかゴツくなったね、とよく言われるのですが「ええ、実はジムで鍛えてまして・・・」という話からの筋トレ話が鉄板になりました笑

少なくとも、話題が増えるのはいいことですよね。特に男には刺さる。

自分に自信がつき、前向きになった

身体がデカくなり、明らかに効果が出てくると「自分はジムで鍛えている」というよくわからない優越感が出てきます。

また力や体力がついてきて、しかも継続してトレーニングをしている自分に誇りが持ててくるので「俺は出来る!」という前向きさと自信がついてきました。

おそらく、トレーニング中に自分を鼓舞する音楽とかを聞いているせいもあるかもしれませんが、考えてみれば普通に生活している人にとって、自分を鼓舞する機会などなかなかないわけで、それを毎週経験しているのは人生にとってもプラスな気がします。

実際ジムに行っていて感じることですが、特にフリーウェイトでムキムキの身体を鍛えている常連たちは、明らかに顔つきが違います。

トレーニングをしている顔、というか、やはり身体を鍛えることは自分に自信をつけるのにぴったりなのでは、と思います。

ストレスの解消法ができた

僕はデスクワークのため、身体というよりは精神的な疲れに悩まされているのですが、ジムに通うことでストレス発散ができるようになりました。

やはり心身ともにバランスよく疲れることが、健康にとっては大事であることを実感するのですが、重いものを思いっきり持ち上げたりするとスッキリするんですよね笑

そのため、週末にジムにいくことが楽しみで仕方がありません。ジム通いは、立派な趣味だと言えると思います。

体力がついて、身体を動かす習慣ができた

トレーニングしている人あるあるだと思うのですが、例えば駅で長い登り階段があったとき、躊躇なく登り始めてしまうことがあるかと思います。え、僕だけ?

少なくとも、身体を鍛えて体力がつく+運動することに抵抗がないため、よし、登ってやろうと躊躇なく階段でも挑戦できるようになります。

階段や長距離を歩きたがらないのって、結局体力がなくしんどいからや、疲れるからだと思うのですが、逆に体力がついてそれが苦でなくなれば、積極的に挑戦して、プラスの循環ができるということを実感しています。

また、子どもと遊ぶときも軽々と持ち上げることができるようになり、喜んでもらえます。むしろ筋肉を鍛えたいから、もっと抱っこさせて!みたいな笑

子育ては超絶体力を使うのですが、ジムで基礎体力をつければそれも幾ばくか楽になります。奥さん、旦那さんにはパチンコではなく、ジムに行かせてやってください。

夜の生活含め、ガチでメリットありまくりです。いや、マジで。

ブログやYoutubeチャンネル更新ができるようになった

こういうことを書くと、ジムに行って彼女ができました!みたいな胡散臭さが出てくるのですが、積極的に物事にチャレンジできるようになりました。

前述した前向きさと、体力がつくことによってそれが実現するのだと思いますが、何かを決めてもなかなか実行できない僕にとっては、Youtubeやブログの更新が頻繁にできるようになったのは、ジム通いを始めたから、ということが関係しているように思います。

よく身体は資本と言いますが、ベースとなる身体に投資をすることで、チャレンジ意欲が旺盛になったことは紛れもない事実です。


まとめ

年末年始もジムに通ってます。長期休みは、ジムにたくさん行けるのがいいですね笑

2019年は、身体を鍛えることに加え、ストレッチなどもっと身体をアップグレードしていくためのエクササイズについて勉強していきたいと思います。

いや、本当に筋トレで身体を鍛えると行動が変わると実感した1年でした。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です