サクッと読めて刺激的な黒本・白本をオススメする[書評]




このブログでも何回か書いてますが、僕は高城剛さんが好きで高城さんの本は結構買って読んでます。

その中でも比較的軽く、そしてピリリと辛い「黒本」「白本」というシリーズがあるのですが、最近最新版まですべて読み終わりました。

本の体裁は、メルマガの回答集であり、高城さんが発行している有料メルマガのQ&Aを抜粋して本にしているようです。なので、1時間くらいでサクサク読めるボリューム感です。

黒本、白本の違いは白本はどちらかというと人生相談チックなQ&Aが多く、割とライトなものが多い印象で、黒本は経済や業界の裏側的な話が多いです。

どちらも大好きなのですが、都市伝説とかが好きな人はきっと黒本の方が好きだと思いますし、人生におけるアドバイスを求める人にとっては白本の方が合うかもしれません。というか、1冊280円と安いので、両方読むことをお勧めしますw

うちの奥さんが都市伝説の番組が好きで、僕もたまに一緒に見るのですが、あ、コレ高城さんのメルマガで書いてたやつだ!ってのが結構ありますw 特にテクノロジーやバイオ系の話は面白いです。

また、さすが世界を旅し、色々な人と繋がっているせいか、問いに対する答えが一々唸らされます。結構僕が信じていることと真逆の事を言ったりしているので、すごく参考になりますし、たまにホントかよwと思うような内容もあるのですが、とてもウィットに富んだ内容になっており、毎回楽しみに読んでます。

まあただ、裏話系の話は割と今後の日本に対して悲観的な話が多いために、色々と考えさせられます。その問題に対し、今の自分は何をすべきか、ちょっとしたきっかけを貰えているように感じます。


まとめ

久々に黒本、白本を読んだせいで昔のものも読み返していますが、時折読み返して、新しい発見がないか探ってみるのも楽しい本ですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です