楽天ひかりでTPLINKのルーターを設定するときに苦労したこと

ガジェット

以前記事で書いた通り、楽天ひかりの利用を始めました。

その際に、ルーターは自前で用意し、TPLINK社製のArcher A10という製品を使い始めました。

TPLINK、そして光回線の利用が初めてだったこともあり、最初接続設定に苦労しました。同じように苦労している人の参考になればと思い、苦労した点を記載しておきます。



一番最初の設定について

TPLINKのルーターには、このように現在のステータスを表すランプが設定されているかと思いますが、一番上の土星みたいなマークがオレンジの状態だと、ネットに接続することができません。

一番最初に接続した際にオレンジマークになる場合は、ルーターの初期設定ができていないためだと思われます。

僕の場合はセッティングした際、配線だけ繋いだところ、Google検索だけ動いたので、お!ネット繋がった!と思ったら、他のサイトが使えない状態でした。これは初期設定が完了していないためです。

TPLINKのアプリ「Tether」を使って、初期設定をするようにしましょう。

「インターネット接続」から「PPPoE」を選択します。

すると、ユーザー名とパスワードを求められるので、楽天ひかりから送られてきたユーザーIDとパスワードを入力することで、接続できるようになりました。

接続できるようになると、ルーターの土星みたいなマークが、オレンジ点灯からグリーンに変わるはずです。これで一旦設定は完了です。

初期設定完了後に、頻繁にオレンジになる場合

一度ネットに繋げられるようになった後も、頻繁にオレンジ点灯に変わり、ネットが繋げられなくなる場合は、回線が不安定になっている可能性があります。

ネットが不安定になる原因として、確認していたところ多くの場合は二重ルーター問題にあるようです。

つまり、モデムに既にルーター機能があり、さらにTPLINKをルーターモードで接続している場合は、二重ルーターとなり、回線が不安定になるとのこと。

その場合は、上記ツール画面から「動作モード」を選択し、「アクセスポイントモード」に変更すると安定するようになるみたいです。

ちなみに、僕の場合はモデムにルーター機能がないのに、頻繁にオレンジマークになる事象が発生しました。

そこで色々調べたところ、楽天ひかりの場合はIPv4 over IPv6(DS-Lite)で接続すれば、安定する可能性があるとのこと。というか、最近実装されたIPv6が悪さをしている可能性があるらしく、その場合は接続方式を変えるか、IPv6を無効にする必要があるようです。

早速、もう一度「インターネット接続」画面を選択し、接続タイプを「DS-Lite」に変更。

DS-LiteのAFTR名は「dgw.xpass.jp」を入力しましょう。

【IPv6】TP-Link製ルータの接続設定方法

すると、回線が非常に安定するようになりました。ごくたまに不安定になるときがありますが、すぐに復旧するので気にならないレベルに。

(追記)上記で不安定になる、と書いているのは設備側の問題でした。なので、ルーターの挙動としてはDS-Liteに設定することで問題なくなりました。詳細は以下。

以前は一度オレンジになると、再起動しない限りネットが使えない状態でしたから、大きく改善しました。

アプリは使えない場合は、ブラウザから管理画面にログインして設定するようにしましょう。DS-Liteが使えない場合は、管理画面からIPv6を無効にすることもできます。



まとめ

楽天ひかりでTPLINKのルーターを使うときに苦労したことでした。

ちょうどIPv6に対応したタイミングだったので、それによって起こる不具合ですよね・・。

まあ、この辺り調べまくることができれば自力で解決することができるのですが、詳しくない人が特典につられて申し込んだりすると八方塞がりになるような気もする。

電話やメールサポートも上手く使いつつ、解決するしかないでしょうね。

あ、ちなみにルーター自体は非常に優秀で速度、電波範囲ともに満足しています。

さすがめちゃめちゃ売れているだけあって、おすすめの製品です。

コメント

  1. […] 楽天ひかりでTPLINKのルーターを設定するときに苦労したこと楽天ひかりでT… […]

タイトルとURLをコピーしました