[FGO]アルトリアキャスターをゲットするまでの死闘

FGO/Fate Grand Order

先日の記事で爆死しすぎてモチベがボーダーを割り、FGOを引退したと書いた僕ですが、無事復帰しました。こんにちはセキです。

このブログでもFGOの記事はいくつか書いてきましたが、PVにしっかり貢献してくれるから・・・という言い訳を述べつつ、再びプレイしております。

まああれだ、今後は人権鯖しかガチャはしません。キャストリアが実装されたので、この先2年くらいは人権鯖はこないでしょう、たぶん。

というか、2年経ったらそろそろ2部が終わってサービス終了になっている可能性が割とあり得る。それまではなんとか続けて見送りたいと思います。

さて、そんな前置きをしつつ、キャストリアを引けるか、それが問題だ。



スポンサーリンク

アルトリアキャスターは強いのか?

5周年記念に際して、バスターのマーリン、クイックのスカサハスカディときて、まさかのアーツサポートキャスターが実装されました。

しかも5周年記念でアルトリアのキャスターなので、それだけで弱いはずがないよねっていう名前が出た段階で人権やろ、と思ってました。

設定も伏線があるようですし、今後のストーリーで出るのでしょう。

こちらはフレンドのキャストリアですが、アーツサポーターの理想というようなスキル構成となっており、各スキルのシナジーが高いため、非常に強力な仕上がりとなっています。

スキル1:

マーリンの夢幻のカリスマの上位互換である希望のカリスマ。CTが1ターン長くなってしまっているのは残念ですが、全体NP30配布は全鯖トップ。攻撃力のバフもおまけでつく。

スキル2:

CT5でNP20配布+NP獲得量アップができる、嫁ネロのNP配布スキルに似たスキルですが、こちらはNP獲得量バフが全体かつCTが短い。スキル2と合わせることで、1体にNP50配布が可能です。

スキル3:

スキル3はマーリン、スカサハスカディ、玉藻と同様の50%の色バフに、2部以降で輝く特攻付与と無敵を付与します。雑に強い。

宝具は高倍率の攻撃バフ、弱体解除、全体無敵の上位互換である対粛清防御を1回付与でOCで回数が増えます。対粛清防御は無敵と重ねがけ可能。

ということで、攻撃+アーツの高倍率乗算バフを与えつつ、NPをガンガン供給していくアーツサポーターの理想形です。

アーツ宝具のNP回収力が上がるので、これまで概念礼装や魔術礼装でのサポートが必要だったスカスカシステムと異なり、礼装の自由度が上がるのが魅力です。

スカスカシステムのようなクリティカルによる追撃はできませんが、黒聖杯を持たせて宝具3連発とかもできるようになるので、エネミーの殲滅力も高い。

キャストリアの実装により、アーツ鯖の評価が一変するでしょう。

うちのカルデアの場合だと、アーツ全体宝具ではあるものの、あと一歩NP回収力が欲しかった水着武蔵の使い勝手が劇的に上がります。

宝具レベル2のレベル100スキルマで、実装当初、イマイチな評判だったものの、宝具が重なったこともあり、優先して強化していました。

だが、問題はキャストリアを引けるかどうかだ。

過去の爆死記録を塗り替え・・・

ちなみに引退まで考えたときには、無料配布120連+追加で100連くらいしていましたが、爆死。

その後、コツコツ石を集め、30連で臨みましたが爆死。

それまでに出た星5はジャンヌと婦長という、ドロドロの泥沼状態でした。

しかし、FGOのブログを更新している身としては、キャストリアがいない状態で記事を更新するモチベーションがどうしても沸かなかったため、脳内会議で過去最高の補正予算案を可決。

不退転の覚悟で突っ込みました・・・

気になる結果は・・・

・・・

最終的には470連くらいでようやくゲットしました。マジで吐くかと思った。

入手確率0.21%・・・。

Twitter見てると、まあ僕と同じくらいの爆死をしている人はいないこともないが、相当運の悪い部類だったように思います。

通常、ピックアップ1体の場合の入手確率は0.8%なので、何か日頃の行いが良くなかったのかもしれません。無料配布石がなかったらと思うとゾッとしますね。あと楽天ポイントにも救われました。

ちなみに470連で引けた、といっても10連で回せる分は爆死し、残りカスの石で単発のラスト2回できましたからね・・・。出たときの演出としては割とドラマチックでしたが、それ以上に精神的な疲弊度がすごかった・・・。色々な意味で思い入れのあるサーヴァントになりました。

ちなみに、これまで人権鯖では毎回かなり苦戦していますが、キャストリアはマーリンを抜いてトップの難産でした。

もし爆死続きの人がいたら、爆死報告の掲示板を見て心を落ち着かせましょう。

爆死記録 – 雑談掲示板

修羅の道は続く

そんなわけで、苦痛を伴ってキャストリアを引いたわけですが、キャストリアを引いてようやくスタート地点に立てたわけです。

その後はひたすら育成。ギル祭りにQPは貯めていたので、QP枯渇は問題ないのですが素材を適当に使っていたため、主要な素材が全く足りず、ロンドンのハイドパークをPodcastを聞きながら周回しています。玉藻も育成いなければいかんので。

この素材集めもFGOは苦しすぎますね。

アークナイツみたいに低レアの素材から高レアの素材を合成できるようにして、時間さえかければ確実に手に入るようにして欲しいです。

手動周回必須で素材のドロップ率が低すぎるのは、マジで改善して欲しいところです。

FGOはどれだけ時間と金を奪えば気が済むのか。

ちなみに、まだまだ育成が足りてない状態ではありますが、キャストリアの周回能力はマジで高いです。一度武蔵にNPとバフをかければ宝具でNPを回収し続けられ、火力も10万以上は安定して出ます。

親の顔よりも見たバサスロの宝具が、水着武蔵に変わるときが来たようです。



まとめ

キャストリアを引けた安心感と、FGOのシステムに対するヘイトで複雑な気分ではありますが、ひとまず今後もFGOの記事を書き続けられることになり良かったです。

映画も公開されたようなので、時間作ってみたいですね。

とりま、ジブリの映画を借りてきたので周回しながら見ることにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました