iPhoneとOculusQuestでMR動画を作ってみた!

OculusQuest2

最近VRの話題が多いのは、Youtubeの反応がVR動画の方が心なしか多いから。

日本だとまだまだ投稿している人が少ないジャンルなので、珍しいのですかね。さて、そんな折、新しくチャレンジしてみました。



MR動画をiPhoneを使って作る

MR、つまりMixed Realityということでリアルとバーチャルを合成した、複合現実の動画を簡単に作れるようになりました。

iPhoneとOculusQuestさえあれば、パソコンすらいらないというお手軽さです。しかも無料。

ということで、どのように作るのか見ていきましょう。

必要なアプリを入手する

まずはiPhoneとOculusQuestにそれぞれアプリをインストールします。

Oculusはこちら。

Mixed Reality Capture

Oculus Questの「Mixed Reality Capture」
The Mixed Reality Capture app enables you to calibrate your headset and PC camera to perform Mixed Reality Capture with supported games/apps.

iPhoneはこちら。

Reality Mixe‪r

‎Reality Mixer
‎Reality Mixer is your new app for capturing your favorite virtual reality games and applications in Mixed Reality! Together with the iOS/iPadOS screen record...

インストールできたら、OculusQuestを起動し、Mixed Reality Captureに表示されるIPアドレスを確認して、iPhoneにインストールしたReality Mixe‪rのStartCalibration内にある、IPアドレスに入力します。

そうしたら、Resolution scale factorを0.25xに設定してコネクト。

この段階で、OculusQuestをかぶってみると、

Camera Calibration ToolがConnectedになっているはず。

Calibrationになっていないと、アプリと端末の連携ができずにエラーになります。

Connectが成功するとiPhoneのカメラが起動します。

ここでステップに沿って連携を進めていきます。

1)カメラに正面から限りなく近づいて、右のコントローラーのAボタンかトリガーを押します。

2)1.5m離れた状態で正面に立ち、立ったまま再度右のコントローラーのAボタンかトリガーを押します。

3)青の丸が出てきますので、指でドラッグして右のコントローラーに合わせます。その際、ヘッドセット(灰)と左コントローラー(赤)も一緒に合わせてあげます。

4)最後にSave to Headsetをタップして終了。簡単に書いてますが、一人で設定する場合だといちいちステップに反応したか確認しなければいけないので、結構面倒です。

MRCに対応しているVRゲームを起動する

ここまで完了したら、MRC(ミックスドリアリティキャプチャ)に対応したゲームを起動しましょう。

現在対応しているゲームは以下。

Audica (Quest、Rift)

Beat Saber (Quest、Rift)

Dead & Buried 2 (Quest、Rift)

Gadgeteer (Quest、Rift)

Kingspray (Quest)

Racket Fury (Quest)

Real VR Fishing (Quest、Rift)

Richie’s Plank Experience (Quest)

SUPERHOT VR (Quest)

Space Pirate Trainer (Quest)

Thrill of the Fight (Quest、Rift)

互換性のあるVRゲーム

この中だとBeatsaberか、SUPERHOT VRが有名所でしょうか。

ゲームが立ち上がったら、Reality Mixe‪rのStart Mixed RealityでConnectをしてください。すると、ゲーム画面が見えるようになるはず。

今回はBeatSaberで行いましたが、ゲームを開始する前にSETTINGで事前にMRCをオンにしておく必要がありますので、ご注意を。

ちなみに、この画像を見てわかる通り、すでに合成っぽい感じになっていますね。

あとはプレイするだけ!ちなみに録画をする際はiPhoneのキャプチャ機能を使って録画すれば、ゲーム内の音も一緒に録画することが可能です。

注意点

手軽に実装でき、本格的な合成動画を作れるMRCですが、使ってみてわかった点がいくつかあります。

・設定が面倒くさい

設定を完了させるまでに、iPhoneとOculusQuestをいったりきたりするので、やや煩雑で面倒です。Start Mixed RealityをConnectし忘れたり、録画する場合は録画をし忘れたりと、慣れるまではミスが起こりがちなので、焦らずやりましょう。

・録画失敗時に気づきにくい

一人でやっていると特にそうなのですが、そんな煩雑な手間がかかるので、失敗したときのショックは大きいです。何故かVR画面のカメラの方向が違っていて、録画完了してから気づいた、なんてこともありました。

できれば2人以上で撮影すると安心かも。立ち位置の問題もありますしね。

ただ、それ以上に手軽に撮影できるメリットは大きいと思います。パソコンがいらないのは大きいですよね。

対応しているソフトがまだ少ない状況ではありますが、増えてこればまた違った遊び方ができるのではないでしょうか。また現段階でも、最もメジャーなBeatSaberが対応しているのは大きいですね。

また、作成手順を今回も動画にしましたので、ぜひご確認ください。

OculusQuest2とiPhoneでMR動画を合成してみた



まとめ

以上、MR動画の作成方法でした。

ちなみに全然関係ないけど、今回の動画作成はまたダビンチリゾルブで行いました。無料とは思えないクオリティですね。動画編集も楽しくなってきた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました