アークナイツが面白い!1週間ほどプレイした感想

アークナイツ
この記事は約5分で読めます。



ここ一週間ほど、アークナイツをプレイしています。

かなり広告を積極的にやっているタワーディフェンス型のゲームですね。制作会社は、アズールレーンで有名なYostarです。

僕も一時期アズールレーンはやっていたのですが、いつしか飽きてしまいやらなくなってしまいました。

アズールレーンはキャラは非常に魅力的なのですが、戦略性やストーリー製が微妙で長く続けることができなかったんですよね。まさにイラストゲーって感じでしたw

今はもしかしたら違うのかもしれませんが。

ただ、アークナイツは新作ということもあり、ゲーム性、ストーリー性がかなり凝っていて非常に面白いです。アズレンを確実にブラッシュアップしてきた感じですね。

スポンサーリンク

アークナイツの面白いところ

ダークな世界観のストーリー

アークナイツはストーリーにかなり力を入れているようです。

話としては正直明るいものではないのですが、“鉱石病(オリパシー) ”という病にかかった人が迫害されており、その病を研究する製薬会社の重要人物が主人公であるプレイヤーという設定です。

というわけで、今回の主人公はプロデューサーもなく、マスターでもなく、提督でもない”ドクター”として、仲間たちと戦っていくわけですねw

世界観としても割とディストピア感漂う雰囲気なので、こうしたダークな世界観が好きな人は合うと思います。キャラクターもみんな可愛いのですが、アズールレーンよりもだいぶ落ち着いたデザインになっています。

現在は第5章まで公開されているうち、3章まで進めたのですが、結構話がシリアスな感じになってきました。鉱石病にかかった感染者を取り巻く戦いですが、敵には敵の正義があり、それがこちらと対立して泥沼化している感じです。

ストーリーに力を入れている、というだけあり、毎回かなり読み応えのある展開が用意されていますので、万人受けするかはなんとも言えないところですが、僕は楽しめています。

メインヒロインであるアーミヤも、なかなか闇が深い感じで、今後どう話が展開していくのか楽しみですね。

ちなみに、アークナイツには様々な組織が登場しますが、世界観の設定がかなり細かくされています。まだ詳しく語られていない組織も多く、まだまだストーリーとしての引き出しはありそうなので、今後のストーリー展開が楽しみですね。

戦略が重要なタワーディフェンス+快適さを実装したゲーム性

最大 12人で編成を組み、マップの中で攻め込んでくる敵に対し、味方を配置していきます。

味方には様々な種類があり、早く戦場に出て後続のキャラ配置をしやすくするものや、戦士、狙撃兵、重装兵、術師など、特徴が全然異なるキャラでチームを組みます。

敵も様々な種類があるので、相手によって使うキャラを変更したり、配置を考えたりと、戦略が非常に重要になります。適当にやってるとすぐに負けてしまいますw

また、この手のゲームでありがちなのが高レアが低レアの完全互換で課金ゲーじゃん、みたいになりがちですが、低レアでも役割が別れており、特に序盤は育成コストのかかる高レアよりも低レアをしっかり育成するのが攻略の肝となっています。

僕の編成にも最高レアが一体いますが、アタッカーのエースは低レアであり、そのキャラを上手く活かすための編成を組んでいます。

つまり、戦略性がかなり高く、キャラも無駄がないのが非常に良い感じです。

また、タワーディフェンスというゲーム上、周回は時間がかかり非常に面倒なのですが、アークナイツの場合は、一度パーフェクトクリアをしたマップについてはオート周回機能がついており、クリアしたのと同じタイミングでキャラを配置してくれるため、勝手にクリアしてくれます。

戦略を楽しみつつ、育成のストレスも軽減されている点がグッドです。

今のところまだ2章なのですが、敵が結構強くなってきています。でも、無課金状態でしっかり育成してパーフェクトクリアできています。

施設拡張で生産性を上げる

最近のゲームでよくある、施設の開発もこのゲームでは実装されています。

施設を開発し、各施設に相性の良いキャラを配属させることで、施設の生産性を上げることが可能になっています。

低レアでも生産スキルを保有しているキャラが多く、こうしたところのやり込みも楽しめる要素の一つかと思います。

その他、求人で新たなキャラをゲットできるのですが、無料で高レアを引くこともできるようになっており、自軍を強化していくのにガンガン課金をしなければいけないようなゲームではないかと思います。お財布に優しいですね。

課金についてはこちらもどうぞ。

まとめ

Yostar製のゲームということで、なかなか楽しめているのですが、機能自体はどこかのゲームで見たようなシステムが多いんですよね。

ただ、そうしたシステムをブラッシュアップし、上手くまとめている点がさすが上手いなと思います。また、UIなどのゲームデザインが非常に綺麗に作られており、細かいんですがこうしたところでもゲームとしての質の高さが感じられます。

FGOはのんびりやっている状態ですが、しばらくアークナイツはハマってやり続けられそうな予感がしています。

コメント

  1. […] アークナイツが面白い!1週間ほどプレイした感想タワーディフェンスゲー… […]