Googleドライブの容量が削減しても減らない?そんなときに確認したいこと

Webサービス
この記事は約4分で読めます。



Chromebookを使うようになってから、Googleドライブを使う機会が非常に増えました。

ドライブだけではなく、スプレッドシートやブログで利用しているドキュメントなど、使いこなすと便利なツールが多くて日々活用しています。

さて、そんなある日、マイドライブを見ていて気づきました。

Googledrive 空き容量

あれ、もう容量の半分近く使ってるじゃないか、でも何にこんなに容量を使っているんだろう?

Googleドライブはブログの画像を一時保存することはあっても、ドライブにずっと置くことはないため、何に容量を食っているか思い当たらなかったんですよね。

そこで、Googleドライブのヘルプを見てみることに。

スポンサーリンク

Googleドライブの容量について知っておきたいこと

Googleドライブ、Gmail、Googleフォトで容量を共有している

Googleドライブは15GBを無料で利用することができます。ただ、意外と知られていない点として、「Googleドライブ、Gmail、Googleフォトで容量を共有している」んですよね。

なので、ドライブの容量は問題なくても、フォトだけで15GB使ってしまうとドライブGmailで新たに保存できなくなり、容量を有料で追加するか削減する必要が発生します。

ただ、正直普通の人であれば15GBもあれば十分なんじゃないでしょうか。

というのも、まずGoogleのツールで作成したファイル、例えばスプレッドシートやドキュメント、スライドのファイルは容量としてカウントされません。エクセルだと100MBのファイル、とかで容量が圧迫されますが、スプレッドシートだとノーカウントなわけですね。

また、最も容量を食いそうな写真や動画については、規定の解像度に設定しておけばこれも容量としてはカウントせずに無制限でアップすることが可能です。

Googleフォトについては、設定からファイルのアップロードサイズで高画質を選択すると、容量としてカウントされなくなります。

Googledrive 空き容量

では、僕の場合は何で容量を食っていたのでしょうか。

Gmailの数年分のデータが圧迫していた

マイドライブ下の「保存容量を購入」をクリックすると、現在の各サービスの利用状況を確認できます。

Googledrive 空き容量

見ると、なんとGmailが容量を圧迫していました。これは想定外。

でも、考えてみれば僕のGmailアドレスって10年以上使ってるんですよねw

そりゃ容量も圧迫するわと。

早速、Gmailの古いメールを削除して綺麗することにしました。

Googledrive 空き容量

古いメールを一括削除する方法ですが、Gmailの検索窓に「before:2019/1/1 」みたいな形で入れると、特定の日付より前の日付のメールでフィルタリングをしてくれます。

その状態で左上のチェックボックスで「全選択+この検索条件に一致するすべてのスレッドを選択する」で対象をすべて選んだ上でゴミ箱に放り投げます。

そのあと、ゴミ箱からも完全削除してあげれば、メールは消えるというわけです。

僕の場合は2年以上前のメールは少なくとも使わないので、消すことにしました。

無事に削減完了!

Googledrive 空き容量

結果的には5GBほど削減に成功しました。

メール消しただけで5GBってやばいですね。チリツモで結構な容量を圧迫していたようです。こまめに消していかないと駄目ですね。

こんな感じで、Googleドライブの最適化に成功しました!

まとめ

こうして見てみると、Googleのサービスって上手く使えば容量を使わずにかなり長く使えそうな感じがしますね。

ChromebookもSSDの容量は非常に少なく、Googleドライブも15GBしかないので最初は少し不安でしたが、全く問題なさそうです。

まあ、最悪月額250円出して容量追加すればいいので、容量で困ることはなさそうです。

コメント