OculusQuest2の Eliteストラップをレビューする

OculusQuest2
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。OculusQuest2の沼にハマっているセキです。

先日、純正ケースを購入した話を書きましたが。

なんと、本日ビックロに行ったところOculusQuest2のEliteストラップを見つけてしまったので、購入してしまいました。

スポンサーリンク

Eliteストラップは店頭でも買えた

Eliteストラップですが、最初僕は通販限定なのかなと思ってたんですよね。

いくつか家電量販店も行ったのですが、本体はあれど、他のアクセサリーはなかったので。

ビックロでは、ケースもどうやらあったようなのですが、Eliteストラップに関する表示は一切なし。でも、ダメ元で店員さんに聞いてみたところ、なんと在庫がありました。

店員さんに何回聞いてもEliteストラップを理解してもらえなかったのですが、店の奥に箱があるのが見えたので、買えましたw ちなみにお値段は税込6,820円!高ぇ。

こちらが開けた図。純正ケースのときは、ビニールケースに雑に入っているだけだったのですが、Eliteストラップは厳重に箱に入っています。

中身はEliteストラップとマニュアルのみなのですが、開けてみるとなぜ厳重に入れられているのかわかります。

こちらがEliteストラップになるのですが、おわかりだろうか。

そう、接合部(左部分)がかなり薄くて脆そうなのである。

Twitterでも、ストラップが割れたという報告をチラホラ聞くし、たしかに触ってみた感じ、そこまで耐久性があるようには見えない。

いざ付けてしまえば問題ないのかもしれないけど、雑に梱包すると輸送中に割れる可能性があるのだろうな、と思いました。

いざ、装着!

装着自体はそこまで難しくはなく、ゴーグルの横部分からバンドを外し、Eliteストラップを装着します。

ただ、やっぱり外す場面が結構怖く、慣れないと装着部分が割れそうでかなりビビりました。しかもあろうことに、最初Eliteストラップの上下逆につけてしまい、装着したものを外そうとしたのですがかなりヒヤヒヤです。

できれば、あまり付けたり外したりする作業はしたくないですね。

ただ、やはり質感はさすがといったところで、これがOculusQuest2の完成版の雰囲気すらある。頭の後ろの部分も樹脂でできており、頭をしっかりとホールドしてくれそうです。

頭部のバンドも、初期装備の布バンドと比較すると、心なしか質感も良くなっている印象。

キツさの調節は後頭部のギアをキチキチ回すことで調節できます。

これがめちゃめちゃ楽で、布バンドのときにどうやって調節すればええんや!という戸惑いは皆無になります。

かぶってみる

Eliteストラップの重さは公式サイトによると179g。(バッテリーなしの場合)

OculusQuest2、というかVRゴーグルの構造自体仕方がないのですが、どうしても前に重心が寄ってしまいます。

それがこのEliteストラップを装着すると、その分重さが後方に寄るので、前後の重さのバランスが取れるようになります。ゴーグル自体の重さは増すのですが、体感としての負担は明らかに減る感じがします。

また、やはり布バンドと比べるとホールド性が段違いであり、それはBeatSaberなどの動きのあるコンテンツをやると明確にわかります。

僕は布バンドでもそこまで気にせずプレイできていたのですが、どうしてもVRゴーグルを装着しているという分離感は拭えませんでした。

でもEliteストラップをつけることで、ブレがなくなり重さのバランスも緩和されるため、VRゴーグルを被っているという違和感が大きく解消され、VRへの没入感が上がったように思います。

動きの少ない、例えばYoutubeを見るだけ、とかであればそこまで必要ではないかもしれませんが、ゲームをやっていくのであれば、VR体験が大きく変わりますね。たしかにこれを標準装備すべき、という人の意見はよくわかります。



まとめ

以上、まさか買えてしまったEliteストラップのレビューでした。

いやー、通販だと来月購入しかできないと諦めていたのですが、まさか買えるとは。

これでもっとBeatSaberにハマれるというものです。ちなみに、純正ケースの方にも問題なく収納できました。

懸念点としては、やはり構造上の脆さですかねー。

公式サイトでは購入できなくなっているため、もしかしたらリコールかも?なんて話もありますが、いずれにせよ製品側の欠陥であれば交換してもらえるだろ、と安易な気持ちで買ってしまった次第です。

今後の対応が気になるところですな。

コメント