[アークナイツ]フォリニック育成!攻撃もできる医療オペレーター

アークナイツ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。危機契約はどうでしたでしょうか。

自分は等級18に到達した後は、上を目指すことなく淡々とデイリーをこなしておりました。

危機契約はね・・・やり込もうとすると、ものすごく時間がかかります。

さて、弊ロドスでは、医療オペレーターが不足しています。

医療オペレーターって、2人いれば大体事足りるので、フィリオプシスとシャイニングという鉄板を育てたおかげで、これまで育成する必要がなかったんですよね。

ただ、そろそろ新しい医療が欲しいなと思い、候補を探していたところ、この子にすることにしました。



スポンサーリンク

戦える医療オペレーター、フォリニック

はい、ヴォルモンドイベの主人公でもあるフォリニックさんです。

弊ロドスはワルファリンや、サイレンス、セイロンといった優秀な医療オペレーターもいる中でのフォリニックですが、このオペレーターの特徴はなんと攻撃ができる、という点にあります。

それがこちら。スキルを使うことで、範囲術攻撃ができ、さらに回復までできるというなかなか面白い一芸を持っています。

術攻撃なので、対空も可能。しかも本人はレジストと地形ダメージ減少というギミックに強い素質を持っているので、特殊なステージでも安定して成果を出してくれるのはありがたいです。

本人の攻撃力がそこまでではないので、劇的な殲滅力、とまではいかないのですが、ドローンを撃ち落としてくれたり、柔らかい敵であれば一層してくれるだけの威力はあります。

また、その周辺のオペレーターを範囲回復してくれるのも強く、レベルを上げれば回転率も悪くないので、範囲攻撃と範囲回復が同時にできて、なかなか使っていて面白いなと思いました。

あとは秘書性能も高し。

クールな感じですが、落ち着いていてとっても素敵なフォリニックお姉さんです。

スカートのその謎のスケスケはなんなのだ。



まとめ

ということで、フォリニックを育成したよ、という話でした。

だいぶ戦力も揃ってきたので、今は育ったオペレーターの特化やレベル上げを進めています。

次はグラニの復刻イベントですね!

グラニは前回、潜在を一つだけ取り忘れてしまっていたので、しっかり回収したいと思います。

コメント