iPadAir4を2ヶ月使ったレビューを書いてみる

Apple
この記事は約4分で読めます。

iPadAir4を購入してから、早くも2ヶ月になります。

3年振りにiPadを購入したのですが、アクセサリー含めて使える幅が広がったな、という印象です。

実際に利用を始めてから、僕が使っている用途含め、感想を書いていきたいと思います。結論から言うととても満足しており、今後も活躍の場は多いと感じています。

万能型タブレットであり、大半の人は満足するんじゃないでしょうか。



スポンサーリンク

MagicKeyboardについて

僕はこの高額かつ、重量のある、賛否の分かれるMagicKeyboardを購入して使っているわけですが、結果的に言うと、あって良かったと感じています。

僕の場合は、ブログ執筆をiPadを使って行っているので、やはり長文を書く場合は、MagicKeyboardの使い心地はかなり良いです。

で、MagicKeyboardの真価という点で言うと、タイピングというよりもトラックパッドにあると思っています。

おそらく、キーボードだけであれば、価格以上の価値はないでしょうし、SmartKeyboardFolioやワイヤレスキーボードで十分だと思います。

ただ、このトラックパッドがあることで操作性がかなり向上します。

ホーム画面に戻る、アプリを切り替える、スクロールするなど、細かな作業をジェスチャーで操作することが可能になり、作業効率が上がります。

これがかなり大きいですね。特にブログを書いているとアプリ間の移動が多くなるため、これを手もとだけで完結できるのは大きい。

ちなみに、最初はマウスを使っていたのですが、今は使うことがなくなりました。

マウスを使うために、手をキーボードから離すよりも、手元だけで操作できる方が楽ですし、iPadの場合は画面との距離が近いので、どうしてもキーボードだけで操作しきれない場合は、画面を直接タップした方が早かったりするためです。

長文を書く人にとっては、そこまで必要なかもしれませんが、僕のような用途であれば、MagicKeyboardはありだと感じます。

USB-Cで反対側から充電できるのも良い。

動画編集

iPadAir4であれば、動画の編集もそれなりのパワーを持って行うことが可能です。僕はLumafusionという動画編集アプリを使っていますが、4Kだと多少重くなるものの、4K以外であればサクサク編集することが可能です。

最近はアークナイツの軽めの動画しか上げていないので、iPhoneだけで完結しているのですが、動画編集用途だけでも、iPadAir4は十分パフォーマンスを発揮してくれそうです。

ブログ執筆

記事については、Googleドキュメントで書き、それをWordpressにコピペする方法で作成をしています。

それ以外にも、直接連携する方法もあったりするのですが、レイアウトが崩れたりすることが多々あるので、基本的にはコピペが安定です。

アフィコードなども、GoogleKeepに貼って、なるべく労力かけずに入力するようにしています。まあ、おそらくWordpressでも短縮コードとか使えるっぽいけど。

あと、画像加工とかもiPadで行っているので、作業は全てiPadで完了します。iPhoneとの写真共有が容易なのも良い感じです。

ブログについては、iPadだけで十分更新できますね。

動画鑑賞

動画を見るのは、AmazonPrimeかYoutubeです。Youtubeはプレミアム会員になったことで、バッググラウンド再生ができるようになったのが便利ですね。

ただ、動画鑑賞は全世代から問題なくできていたので、特段体感として変わった印象はなし。

電子書籍

現在はKindleと楽天マガジンを中心に購読しており、こちらも特段問題なし。

前は旧式でベゼルが太かったのですが、やはり最新モデルはスッキリと画面が広いので、快適に使えています。

タッチID

何かと話題になるタッチIDですが、個人的にはそこまで快適とも感じておらず、むしろ今は家でiPadをいじることが多いため、フェイスIDで全然良いと感じています。

むしろあれだな、MacbookみたいにAppleWatchで解除できるようにしてほしい。



まとめ

正直なところ、iPadはハードとしてはすでに完成されており、今回の場合はMagicKeyboardという環境に影響を与えるアクセサリーがついたのが大きいですね。

それ以外は前持っていたiPadProでもできていたので、おそらく大半のライトユーザーであれば、iPadAir4ですら過剰スペックなのかもしれません。

それくらい、長期的に使っていけそうなデバイスなので、今後も使い倒していきたいと思います。

コメント