ライフハックツール「notion」を使いこなしたい

Webサービス
この記事は約3分で読めます。

ここ最近、存在感を増してきているnotion。

何かというと、Evernoteのような自由に情報をどんどん集積させていけるクラウドメモサービスなんだけど、使いこなしている人の動画なんかを見ていると、マジで全然自分は使いこなせていないな、と反省した。

スポンサーリンク

ライフログとして活用する

ここ最近は自分なりに勉強し、時間やお金を自分に投資することを意識しているのだけど、それを管理していくツールとして、notionは非常に可能性を感じるツールだと思う。

現在整備しているのは、自分が勉強した内容や学んだコンテンツを記録するデータベース。

notionのすごいところは、データベースとして保存しつつ、それぞれを深ぼった情報まで記録できることだ。

もともとスプレッドシートで読んだ本の整理だけはしていたのだけど、より細かいメモとかしっかり後でも使える知識として保存するために、別のツールを探していたところ、notionが適任だと判断し、現在情報を移していっている。

例えば、エクセルでもこういった管理はできてしまうのだけど、さらにもう一階層深いレイヤーまでは用意することができない。あくまで、この一覧の中でしか情報を記録することができないのだけど。

notionであれば、個別に深ぼった階層を作成することができる。これができることで、一覧で俯瞰して情報を整理することもできるし、さらに一階層落とした詳細な情報を、画像でもなんでも入れながらまとめることができる。

最高である。

コンテンツ制作の管理ツールとしても使える

全然まだ整備だが、notionの魅力として、さまざまなページのテンプレートを使うことができる。

これは将来的にコンテンツの制作管理として使おうと思っているのだけど、これはYoutubeでめちゃめちゃ参考になる動画を発見したので、それを真似してこうしようと思った。

ちなみに参考になった動画はこれ。最初みたとき、鳥肌が立つくらい感動した。

雑に情報を投げ込める箱としても

スマホやタブレットで共有を使ってnotionに気になったURLや画像など送ることができるが、自分の思考やメモなども投げ入れることができる。

それがFast notionだ。以下はFast notionの紹介ページ。

Fast Notion
もう、アイデアを逃さない。

これはより便利に利用できるようにと有志の方が作成したツールっぽいが、設定だけしておけば、まるでTwitterでつぶやくかのように、指定したページへ情報を送信することができる。

最初の設定がやや複雑だが、きっとnotionに辿り着いたリテラシーの方であれば、問題なく使いこなせると思う。

僕もとりあえずfast notion用の箱を用意してみた。

全然まだこれから使う段階なので、使っていくうちに改修されたり、そもそも飽きて使わなくなる可能性もあるけど、結構今はワクワクしている。

最近、習慣化させること自体はできてきているようになっているので、あとは記録し、精度をあげていくだけだ。

まとめ

notionはマジで可能性に満ち溢れたツールだと思う。でも、人によってはあまりにも自由すぎて、用途に困ったり、挫折してしまったりすると思う。そう言った人は、結構notionの使い方動画がYoutubeに上がってきているので、色々見て自分に合った使い方を探してみてはいかがでしょうか。

個人的には平岡さんの動画が圧倒的におすすめ。

僕に関しては必要になればすんなりと課金するくらいには気に入っているが、まずは自分が今使っているデータベースを整理し、しっかりと運用を軌道に乗せていきたいものである。

コメント