ショートカットアプリを使いこなしてiPadを快適に使おう

iPad
この記事は約3分で読めます。

iPadをいじることにハマっている今日この頃ですが、現在ホーム画面をいい感じに改修中。

先日、Spotlightを使って楽にアプリ間を遷移できるようにしよう、というような話をしたのだけど、Spotlight検索の何がいいかというと、アプリだけではなく、ショーカットアプリで設定したショートカットも検索対象として呼び出すことができる点だ。

これで、ホーム画面に戻ることなくアプリ間を移動できるだけでなく、アクションも追加することができるというわけ。

そもそもこのショートカット、使うとかなり生産性を上げることが可能。解説してくれている動画も色々とYoutubeに上がっているので、ぜひ一度見てみることをお勧めする。

僕が参考にしている人はこの人。まこなり社長のiPad特化バージョンみたいな感じで、iPadにおける生産性の鬼です。

スポンサーリンク

現在の僕のホーム画面

今のところの僕のホーム画面はこんな感じにしている。

一応2ページ目もあることはあるが、2ページ目はウィジェットだけで構成しており、基本的には1ページで完結するようにしている。普段使用頻度の低いアプリについては、Spotlight検索で呼び出すようにすることで無駄な表示を省いている。

今のところ活躍してくれそうなのは、右下のショートカットウィジェットだ。

ショートカットウィジェットは、iPadの場合、1番大きいモードで使えば、縦に4つショートカットを置くことができるので、スペースの有効活用ができる。

特に今気に入って使っているのは、「横断検索」だ。

これは何かというと。起動させると・・・。

テキストの入力画面が出てきて・・・

入力してから、メニューが出てきて

選ぶと、対象のアプリで検索した結果を表示することができる。

つまり、調べたいテキストを複数のアプリから選ぶことが可能となっている。

これは僕が考えたわけではなく、上で紹介しているYMKさんのYoutubeの内容を参考に、少しアレンジしたものだ。この機能を上手く使えば、自分がよく使うサービスを横断で検索することができる。

超便利である。

作り方としては、一度慣れてしまえば簡単で、以下のようにメニューを作り、それにURLを紐付け、開くようにしてしまえばよい。

こんなに便利な機能を、タダで、しかも簡単に作れてしまうとはApple様様だ。

ただ、一つ難点があって、この機能をできればSpotlight検索でも使いたいのだけど、Spotlight経由で開こうとすると、検索文字を入れるところでキーボードが上手く動かず、裏で動いているSpotlight検索側を消さなければ、検索文字が入力できない事態となってしまった。

今の僕のスキルではこれを解消することができず、苦肉の策ではあるが、Dockにショートカットを配置することにした。要は、Spotlight経由で使わなければ良いのである。

このアークナイツのWちゃんこそが、Dockから起動で切る横断検索のアイコンである。

これをタップすれば、いつでもどこでも、キーボードが効く状態で横断検索を使うことができそうだ。おそらく。

ちなみにDock呼び出すのが面倒じゃん、という方、ショートカット「地球儀+A」で呼び出せるので、これで手間が軽減される。

そしてこのメニューを用意して挙動させる方法は色々と他にも使えそうなので、今後も色々試していきたいと思う。

まとめ

iPadの可能性をひしひしと感じている今日この頃だけど、こうしたショートカットとかを見ていると、まさにそう感じないだろうか。

当面、国内・国外問わず、こうしたiPad活用をしている人たちの凄技を身につけて、色々試す日々が続きそうである。また、面白い発見があれば、共有するようにしていく。

コメント