100均のスマホアームスタンド(ダイソー)って使い物になるの?試してみた

ガジェット
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。先日の記事にも書きましたが、最近友人がポケカにハマり始めたことをきっかけに、僕もポケカ沼にハマりつつあります。パックが売ってたらパブロフの犬のように反射的に買ってしまう、ジャンキーに順調になりつつある。

さて、実際に対戦してみたわけですが、友人は遠方に住んでいるため、オンライン対戦になるんですよね。オンライン対戦ということは、設備が必要です。つまり、盤面を映すカメラと、相手の盤面を表示するためのモニターが必要なわけです。

このカメラが結構厄介でして、100均の網を使って、ティッシュなどで高さを合わせてセットする方法とかありますが、あまりにもスマートさに欠ける。そこで目をつけたのが、スマホのアームスタンドです。

スポンサーリンク

100均のスマホスタンドは使えるの?

はい、ということで今回買ってきたのはこちら。ダイソーのスマートフォンアームスタンドです。2つあるのは、固定タイプが2種類あり、クリップ型とクランプ型があるためです。これ、それぞれ200円なんですよね・・・。信じられないくらい安いのですが、そんだけ安いのなら、ということで両方買ってみて、検証することにしました。

中身としては至ってシンプル。アームの部分とクリップの部分が入っています。

最初に開けてびっくりしたのですが、アームがかなり硬いです。使っているうちに柔らかくなってきますが、最初女性とかだと苦労するかもしれない。

しかし、逆に硬くないとスマホを固定できないですからね。むしろこれだけ硬いのであれば、結構使えるのかも、とやや期待です。クリップ部分はプラスチックでややチープな感じですが、200円なので仕方ない。

セッティングは非常に簡単で、クリップ部分のリングを外し、リングをアームに通した状態で、アームの先端をクリップの穴に嵌め込みます。あとは、リングを締めれば完成。一瞬でセッティングできます。

クリップ部分はかなり大きく口が開く仕組み。一応傷や滑り防止のパッドがついているのはありがたい。

では早速設置をしてみました。ちなみに初めてiPadProのカメラ使った。

アームなので仕方ないですが、やはりかなりぐわんぐわんします。なので、設置したらなるべくタッチ操作は最小限の方がよさそうです。

ちなみに僕はiPhone12Proを使っており、Spigenのケースをつけています重さは約200gといったところでしょうか。この手のアームの注意点として、なるべく支えているクリップの真上に設置をした方が安定します。

前に出したりするとスマホの自重で垂れてしまい、支えることができません。

こんな感じで撮影できます。うん、なかなかいいのですが、やはりなるべく真上に設置することを意識すると、クリップが見えてダサいですね。

ちなみにこれより前に出そうとすると・・・。

だるーんと下に落ちてしまい、支えることができません。多少前にいく程度であれば大丈夫なのですが、前にいきすぎると垂れてしまうことに加えて・・・。

そもそもクリップが重さに耐えられなくなります。これは深くはめたとしても同じで、クリップの挟む力が弱いので、支えることができなくなってしまいます。

なので、パッケージにあるような角度での使い方はできないですね・・・。スマホの重さで支えられません。

ちなみにこんな感じで書くとネガティブに聞こえるかもしれませんが、想像以上に作り自体はしっかりしていて、普通にアームスタンドとして使う分には問題ないレベルです。これが200円はやばい。

壁が汚くて申し訳ないけど、こんな感じで割と気軽にどこでも設置できるのは素晴らしい。

ちゃんと設置してあげれば、使っているうちに下がってくる、なんてこともなく使えます。

クランプ型スマホアームスタンドを試してみる

まあ、身内で使う分にはカードゲーム用としても使えそうだなー、ということがわかったところで、クランプ型を試してみたいと思います。

こちらは万力のような仕組みで固定するので、クリップ型よりは多少無理な角度でも使えるはずです。

クランプ型はたまたまですが、白でした。組み立て方はクリップ式と同じ。

仕組みとしては、左の筒のようなところを回すことでクランプが緩まり、机などに挟んで再度筒を回して固定するようになっています。

早速設置してみた図がこちら。おお!見事に急な角度でも倒れることなく固定することができました。

ちなみにこんな角度です。結構傾斜がありますが、この位置で支えることができています。クリップ型ではできない体制です。

実際にカードを並べてみたときの図。完璧です。何も言うことはない。

ガジェット系Youtuberでよくあるガジェット紹介動画とかにも使えそうです。

ちなみに照明はこんな感じで山田照明のZライトが潜り込んで照らしてくれています。良い感じや。

クランプ型はクリップ型と比べると多少設置に手間はかかりますが、固定する位置の自由さという点では軍配が上がりそうです。

ダイソーの200のアームスタンドでオンラインカードゲームができる!

というわけでいかがでしたでしょうか。200円でここまでできたら上出来です。さすがダイソー。

ドンキホーテで見てましたが、格安品で500円、ちゃんとしたメーカーのものを買おうと思ったら2,000円くらいしますからね。それが10分の1の値段でセッティングできるのだから、すごいことです。

ちなみにカードゲームをする場合は、zoomなどのオンラインMTGアプリにスマホで入り、かつ同じアカウントでPCやiPadなどから入って、同じく相手の盤面をピン留めすることで結構快適にできました。

まとめ

最近は、何かを買うときに、まずは100均で実現できないか考える癖がつきましたw

ちゃんと使えるスマホのアームスタンドになりますので、もしカードゲーム用に購入するのであれば、クランプタイプで一度試してみてください。

それではよきカードゲームライフを。

コメント