iPhoneでマスク着用でもFaceIDが使用可能になったよ!

Apple
この記事は約2分で読めます。

世界ではマスクの着用義務が解除されてきているようですが、日本もそうなっていくんでしょうか。とにかく夏のマスクは色々嫌なので、早めに義務解除になって欲しいものですね。

さて、iPhoneのアップデートにより、マスク着用の状態でもFaceIDを使えるようになったようです。どうやら目の周りの特徴で判定してくれるようで、ロック解除やパスワード入力の際の、番号入力の手間が減らせます。

ただし、利用条件は「iPhoneのiOSバージョンが15.4以降であること。そして、iPhone12の機種」とのことなのでご注意を。

元々Apple Watchと連携してロックを解除する方法はありましたが、これであればApple Watchがなくても解除可能になるので、より便利になりそうです。今回の機能自体はAppleWatchと併用可能みたいですね。

iPhone 12 以降でマスク着用時に Face ID を使う

スポンサーリンク

マスクでもFaceIDのロック解除を行う設定

設定としては非常に簡単です。

設定の中のFace IDとパスコードをタップすると、使用条件を満たしていれば、マスク着用時Face IDという項目が追加されているはずです。

これで、「マスク着用時にFace IDを使用する」を選択。

説明文にも書いてありますが設定中のマスク着用は必要ありません。

この後、通常のFace ID使用時と同様に、顔認証の設定を行い、設定は完了です。

マスク付きでロック解除してみる

うん。マスクをつけた状態でも、全く問題なくロック解除することができました。マスクがない状態と解除スピードは変わらないように思います。

今回のアップデートにより、マスク着用でもFace IDを使えるようになったのでiPhoneのロック解除以外にも、パスワードを認証する場面や、AppStoreの購入時なんかにも使うことができます。

これは地味だけど、かなり使い勝手が良くなりそうです。

iPad Proでは使えない

残念ながら、今回の機能追加はiPhoneだけのようで、同じFace IDを使用しているiPad Proは項目が確認できませんでした。

まあ、ほとんど家の中で使っているので問題はないのですが、ないよりはあった方がいいよねー。

まとめ

以上、iPhoneで新たに使えるようになった、マスク着用時でもFace IDを使う方法でした。

ようやく実装できた感が強いですが、まあしかしこうやって技術が進化していくんでしょうね。多分コロナにならなければ生まれなかった機能だと思いますし。

コメント