家で美術館体験ができる、Google Arts&Cultureがいい感じ

Webサービス
この記事は約2分で読めます。

Googleのサービスというと、Googleカレンダー、Googleマップ、Googleスプレッドシート、そして僕がブログ執筆に使っているGoogleドキュメントなどがあるけれど、実はマイナーだが、非常に良質なサービスも展開していたりします。

Googleのサービス一覧は、以下のページで確認することができますが、全然知らないサービスもあったりしますね。

Google のすべてのプロダクトとサービスを見る – Google

最近自分が時間があるときに見ているのが「Google Arts&Culture」というサービスです。

スポンサーリンク

Google Arts&Culture

世界の芸術と文化をすべての人にオンラインで提供する、ということで、無料で世界中の芸術作品や、歴史上の人物の情報にアクセスすることができる、素晴らしいサービスです。

このサービス自体はパソコンからでもアクセスできますし、アプリ経由でも楽しむことができます。個人的には大きな画面で楽しむことができる、iPadなどのタブレットでの利用がおすすめ。

主には、芸術や歴史に関する内容をビジュアル付きで鑑賞することができます。

僕はさして芸術に詳しいわけではないのですが、おおよその主要なアーティストに関するページが用意されており、描いた作品などを知ることができる他、あるトピックに基づいたツアーやストーリーを楽しむことができます。

これはブルース・リーに関するツアー。ケニアのファッションや、ボブ・マーリーに関するツアーなど、様々なものが用意されています。日替わりでトピックを用意してくれるのも嬉しい。

このサービスを使えば、わざわざ海外の美術館にいくこともなく、並ぶこともなく、名画を楽しむことが可能です。

日本語で読む場合、英語を自動翻訳したものになるので、多少表現が怪しいところはあるのですが、解読はできるレベルなので、大きな問題にはならないかと思います。

AR機能を使って、絵画の人物と自分の表情をリンクさせられるユーモラスな機能もあります。Googleはどうしてこれを実装しようと思ったのか。これを使えば、絵画系Vtuberとして活動することができそうです。

まとめ

以上、Googleが提供する、Google Arts&Cultureの紹介でした。

気軽にアート作品を楽しめたり、歴史を勉強することにも使えるので、ぜひ使い倒してみてください。

コメント