FRENZYのキックボードFR205DB3を買ってみた

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。お久しぶりですセキです。

最近は仕事が忙しくて、しばらく更新ができていなかったのですが、新しいガジェットもそんなに買っていなかったので、ブログのネタとしても特にありませんでした。

しかしようやく、心躍るガジェットを久々に購入しましたので、ご紹介したいと思います。

何かというと・・・それはキックボードです。

スポンサーリンク

FRENZY FR205DB3

買ったのは、FRENZY(フレンジー)というイギリスのメーカーのキックボードになります。

その中のFR205DB3というモデルで、DBというのはデュアルブレーキ、すなわちハンドル部分と後輪部分にブレーキがあるキックボードになります。見た目としても色が渋くてとっても素敵。

キックボードはAmazonで見ると玉石金剛で色々あるのですが、今回はちゃんとした有名なメーカーのものにしました。

検討したのはこのイギリスのFRENZY社と、フランスのDecathlon (デカトロン)社です。デカトロンもスポーティなデザインでかっこいいんですけどね。ただ重さの点と、取り回しのしやすさ、そして別のキックボード系のブログでこのフレンジーのFR205DB3が好評のようだったので、今回はこちらにしました。

ちなみにデカトロンは有名なブロガーのトバログさんが動画で上げているので、キックボードが気になる方は、まずはこちらを見るといいかも。

早速開封してみる

そもそもなんでキックボードを買ったのか、という話なんですが、僕が現在住んでいるのは茨城県で、田舎なので基本的に車社会です。電車も使わないので、車移動がベースなのですが、一応徒歩圏内にもコンビニや薬局くらいはあるんですよね。

ただ、徒歩でいくには微妙に距離があり、車を使うほどでもない、という感じでした。

だったら自転車でいいじゃん、という話なのですが、田舎なのか、夏になると蜘蛛などが大量発生するので、数日放置するだけで蜘蛛の巣だらけになってしまうんですよね。

なので、片手で持ち運べて、車にも気軽につめる機動性がウリのキックボードを購入した、というわけです。

ちなみに今回購入したカラーはコヨーテ。アウトドアっぽい色で、なかなかオシャレで気に入っています。

電動とも迷ったのですが、電動の場合は法律関係がまだ未整備という点、充電が面倒という点、そして何より電動になることにより重量が増す点で却下としました。電動だと10kgとかになり、気軽に持ち運びできなくなっちゃうんですよねー。

組み立ては非常に簡単で、ハンドルの根本にある銀の凹んだところ。ここを指でガッと引っ掛けて引くことでロックが解除されます。慣れれば片手でできます。

ハンドル、ハンドルの高さをあとは調節してあげれば完成。慣れれば20秒くらいでセットできるんじゃないでしょうか。

高さは4段階調整が可能で、子どもから大人まで乗ることができます。やはりちゃんとしたメーカーのものだけあって、かなり頑丈そうで、作りはしっかりしています。

前面についているストラップは、持ち運びの際、肩にかけて使います。長さの調整は可能で、少しゆるめています。

FR205DB3の重さは4.76kg。長時間持ち運ぶと気になるかもしれませんが、片手で持ち運べる軽さです。電動だと10kg超えたりするので、だったら自転車でよくねってなりますが、これくらいの重さであれば自転車と差別化できますね。

足場の幅も十分で、つめれば両足を載せることも可能。滑り止めの加工もされていて、乗っているときにずり落ちることはありません。

キックボードの良いところ・気になるところ

使ってみた感想としては以下です。

良いところ

  1. 気軽に使えるハードルの低さ
  2. 思ったよりスイスイ進む。特に下り道だと快適
  3. 乗っているだけで楽しい!
  4. コンパクト、車に乗せてどこでも持っていける

気になるところ

  1. タイヤが小さいので段差は注意。特に夜道
  2. 石が多いところや道路によってはガタつく
  3. 足はそれなりに疲れる

やはり何より思うのは乗っていて楽しいというところですね。

サーっと滑るように移動できるのはマジで快適で新鮮な感覚です。

また携帯性が高いので、キャンプや公園など、気軽に持っていって使える点もいいなと思いました。

一方で気になる点としては、やはりタイヤが小さいためにスリップ、段差などは要注意です。

視界がよくて、舗装された道であれば基本は心配なく、転倒したことは一度もありませんが、夜間など視界が悪い状況では注意が必要。

あと、足はそれなりに疲れますね。逆にいえば、良い足のトレーニングになる。

特に漕ぐ足よりもボードに乗せて踏ん張る足の方が疲れる、というのは発見でした。

移動の楽さ、でいくと自転車>キックボード>徒歩って感じかな。当たり前だけど。

まとめ

以上、現在はライトなど装備を少し付け足して乗り回しているキックボードですが、思ったよりも楽しくて生活に定着しそうな予感です。

値段は定価で24,750円と結構高いのですが、僕は楽天のセール時に購入したので15,000円くらいで買えました。

FRENZYのキックボードFR205DB3、大人もおしゃれに乗りこなせるおすすめガジェットですので、ぜひ一度検討してみてください。

コメント