Apple Watch season4を3週間使って感じたことをレビュー

Apple Watchを購入してはや3週間が経とうとしています。

PayPay祭りのときに勢いで購入したApple Watch。きっと生活の役に立つ!という思いはあったものの、具体的にどう活かしていくかについては、あまり考えないまま購入してしまいました。

でも、開封したときから今の今まで、個人的にすごく満足度の高いデバイスに仕上がっていると感じます。ここでは、僕が実際に3週間使って感じた印象をつらつらと語りたいと思います。




おしゃれで大好きなガジェットが常に手首にある喜び

兎にも角にも、使っていて感じることはコレです。僕がガジェット好きだからそう感じるだけなのかもしれませんが、色々な可能性を秘めたカッコいいデバイスが、常に手首に装着されている、というのはとてもリッチな体験だと思います。

最近、仕事の場でApple Watchをつけている人をちょくちょく見かけるようになり、これまで社会人なら数十万する時計をしろ!とか言われて意味わかんねー、と思ってた自分が、初めて腕時計をしたい!と思うようになりました。

これは嗜好の問題もあるのでしょうが、少なくともApple Watchという一つのブランドに対して周りが注目しているのは確かだと思います。

まあ、そりゃ老舗の高級ブランドと比べたら安い部類だとは思うものの、Apple Watchもおいそれと買える値段ではないので、金額とブランド力の高いAppleデバイスが常に手首にある喜びは、まさしくガジェット好きとしてはたまらない感覚だと思っています。

iPhoneの補助として機能するデバイス

Apple Watchを使う場合は、基本的にiPhoneとセットです。そう考えるとiPhoneだけ使ってPCはWindowとか、スマホはAndroidだけど、タブレットはiPadでもなんとかなっていたのが、Apple WatchについてはiPhoneがないと魅力を全然引き出せません。

Apple WatchはiPhoneユーザーであることが前提、ということを考えると、だいぶ間口は狭まるのかもしれません。

Apple WatchはiPhoneとのシナジーを活かすことにより生活を豊かにしてくれます。

  • iPhoneで再生している音楽をApple Watchでコントロールする
  • Apple Watchで取り込んだワークアウトデータをiPhoneに集約する
  • iPhoneで作成したリマインダーをApple Watchでこなしていく
  • iPhoneにかかってきた電話をApple Watchで対応する 等

で、使っていて思うのは、「Apple Watchでどこまでできるのか」というのをしっかり把握しなければいけないということです。当然ですが。

すごく個人的ですが、iPhoneケースの裏にカードを入れるところがあって、それでスイカを使っている人を見ると幻滅しますw

それ、iPhoneなら一々カードに抜いて、並んでチャージする必要ないんすよ・・・と。またApple Watchを使うようになったことで、もはやスマホを取り出さなくとも、常に手首にあるデバイスで決済、チャージまでできてしまう。

しかも、クレカ経由で使っているのであれば、ポイントまでついてお得!ということで、使わない手はないと思うのです。

Apple Watchについては、そうした今までiPhoneを取り出して操作していた、ちょっとした動作をWatch側で処理することが可能になります。これを使いこなして、どこまで効率化できるのかで「Apple Watchそんなに使ってないんだよね」と言える人か「Apple Watchめちゃ便利だよ!」と言える人になるのかが分かれる気がします。

ちなみに、僕はiPhoneを取り出す機会が少なからず減ったので、いいね!と感じています。

分析・研究が必要なデバイス

感覚的に使えるのがApple製品のいいところですが、その中でもApple Watchは使いこなすのにリテラシーが必要なデバイスだと感じています。

つまり、ただなんとなくデフォルトの機能だけ使っているのでは、その恩恵を得ることはできず、ただなんとなくカッコよく、電池の持ちがあまりよくない腕時計、という印象で終わってしまいます。

例えば、文字盤に表示するアプリは何にするとベストなのか、とかiPhoneと連携する通知をどこまで共有するのか、とかSiriはどんな依頼ならこなしてくれるのか、等、自分で最適なカスタマイズを施すことでめちゃめちゃ便利なデバイスになると踏んでいます。

個人的にApple Watchをするようになってからよく使うようになったのは、Siriとリマインダーです。Siriに話しかけて「覚えておいて、◯◯」と依頼すると、リマインダーとして保存してくれます。

特に話をしている中や、本屋等で気になった事柄、もしくはブログのネタなど、思いついたことをリマインダーに登録しておくことで、気軽に使える外部ストレージとして機能します。

こうすることで、今までは思いついても忘れてしまっていたアイデアが、より簡単に保存できるようになることから、自分の生産性が上がるのでは?と感じています。

また、文字盤をいじると常にタスクを表示することができることから、自分の生活習慣を変えることにも繋がるかもしれません。このあたりの使いこなし方をYoutubeやブログで研究していくのは楽しそうです。

まとめ

総じて、Apple Watchは満足しています。デバイスとしてもファションとしても。また、文字盤のトイストーリーが、子どもをあやす時にも役立つので、親の立場からしても助かりますw

ともかく、まだまだ様々な可能性を感じるデバイスなので、新たな発見があれば随時紹介していきたいと思います。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です