ビレバンの1980円独立ワイヤレスイヤホンは使えるのか?買ってみた。




いつも使っているワイヤレスイヤホンを茨城に置いてきてしまった・・・。仕事の関係で数日間取りにいけず、手元にある有線イヤホンはiPhoneの変換コネクタの不具合で誤作動起こしまくりなので、まともに使えず。

ちなみに最近愛用しているワイヤレスイヤホンはコレ。というのも、僕イヤホンすぐ失くすんですよね。有線ワイヤレス問わず。なので、安くて無難に使えるエレコムのやつを使ってます。

で、移動中は音楽やPodcastを聴いてる自分としては無音が耐えられず、夜まで開いていたヴィレッジヴァンガードでイヤホンを物色してました。

完全独立型ワイヤレスイヤホンが1980円・・・だと・・・?

そんなわけで、ヴィレッジヴァンガードで買ってきたワイヤレスイヤホンですが、最初目を疑ったのはその安さ。1980円(税抜)て。

商品名は「リベレーション」。なるほど、わからん。

Amazonにこの手の商品は山ほど売っていて、セールのときは常連ジャンルの独立型ワイヤレスイヤホンですが、昔買ったやつは充電の不具合ですぐに使えなくなり、返品してしまった・・・。

しかし、装着の快適性はすさまじく、線がないのがこんなにストレスフリーなのかと。しかも音質も悪くなく、ちゃんと使えるなら独立型ワイヤレス一択だなーと思っておりました。特にフィットネスと好相性なんですよね。

でもそんなAmazonセールでも2,000円を切る商品はお目にかかったことがない。というか、2,000円台の商品すらほぼ見ません。イメージ、しょぼいやつが3,000円台から買える感じでしょうか。それが1,980円ということで、失敗してもブログのネタくらいにはなるやろと思って購入してみました。

まともに使えたら御の字ですかね。

開封してみる

開けると謎の発砲スチロールに保護された一式が。

内容物はこんな感じ。ちゃんとマイクロUSBケーブルも入ってますし、イヤホンを直接充電するケーブルもついている。こんなのあるんですね。AirPodsにもこんなのついてるんですかね。丁寧な日本語の取説つきです。

充電もできるケースはこんな感じ。最初から傷だらけなのは気にしたらいけない。価格からしたら些細な問題だ。

ケースを開けるとイヤホンが出てきます。む・・・これは・・・?

Ai◯Pods!A◯rPodsじゃないか!AirPodsに黒ってあったっけ?

ちなみに白も売ってましたが、自分は黒にしました。今思えば、黒のAirPodsとかないんで、偽物だと丸わかりやんけ。ちょっと後悔しましたが、気にしないことにします。

うむ、ちゃんとモバイルバッテリーで充電できます。ケースも問題なし。

ちなみに連続再生時間は「1.5時間」だそうです。ワイヤレスイヤホンで2時間いかないのはキツい・・・。かろうじて通勤やフィットネスで使える感じか。

ちなみに残りの電池残量はiPhoneウィジェットのバッテリーで確認できます。

使ってみる

ペアリング

ペアリングは左右のイヤホンについているボタン長押しで電源を入れ、放置しておくとお互いを認識します。最初に左右のイヤホンのペアリングをさせないと、片方からしか音が聞こえてこないので注意です。

独立型イヤホンだと普通の仕様ですが、慣れていないと戸惑います。

で、早速イヤホン同士のペアリングができない

いくら待ってもペアリングしません。おそらく不具合なのですが、ありがたいことに取扱説明書にペアリングできないときの対処法が書いてあります。

それでやったら上手くペアリングできたので、ひとまずクリア。iPhoneにも問題なく接続できました。

それからは装着するまでのペアリング速度は速く、装着することにモタモタすることはなっさそうです。

装着感

さすがAirPodsなだけあって、装着感は問題なしです(違う

本物をつけたことがないのでわかりませんが、とにかく軽いのでちょっとやそっとじゃ自重で外れる、みたいなことはなさそう。

普通にこれでランニングとかもできそうなので、今度エニタイムで試してみたいと思います。

音質

最初聞いたときはうーん・・・。という感じでしたが、慣れます

別にこの商品を持ち上げるわけではないのですが、耳を澄ますと音質そんなに良くないよね、ということがわかるのですが、何か作業をしている分にはそこまで気にならないです。

少なくとも、100均とかで売っている激安イヤホンよりは全然良いです。普通に聞けますが、普段良いイヤホンを聞いているとうーん・・・。とはなると思います。

音ズレ

音ズレがはっきりわかる程度には存在します。こちらの操作に対して0.5秒くらい遅れます。

まあ、これは安いBlueToothイヤホンであれば仕方ないことではあるのですが、コイツを使って動画を見ることはおススメしません。

音飛びはごく稀にある感じでそこまで気にはならない。

まとめ

コスパがいい!と言ってしまうとまあ確かにそうなのですが、1980円ではなく2500円くらいの価値がある、という程度かと思います。

ただ、1980円でしっかり独立型ワイヤレスを実現しているのは素直にすごいと思います。想像以上にまともに使えそうな感じ。

致命的なのは再生時間の短さですかね・・・。1.5時間はかなり用途が絞られます。これが5時間持つ!とかだったら革命だった。。

音質もそれなりなので、あえてこれを選ぶ必要性はないと思います。通勤・通学時間が短く、そんなに音も気にしない!という人ならいいかも。

これ買うなら、左右が繋がったオーディオテクニカのワイヤレスイヤホンあたりを買うのが無難なんじゃないですかね。

面白い商品ではあるので、カバンに入れておいて、サブで使うようにしようかな。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です