ChromebookでAirpodsを使う方法




Airpodsを接続できるのはiPhoneだけではない!(当たり前)

ということで、AirpodsはChromebookにも簡単に接続できます。

僕は結構作業用BGMとしてChromebookからYoutubemusicを流したり、Youtubeを見たりしているのですが、どうせならAirpodsから音を流せた方が便利ですよね。

しかも割と簡単にiPhoneとChromebookの切り替えもできるので、知っておいて損はないはずですぜ。

ChromebookとAirpodsをペアリングする

ChromebookとAirpodsをペアリングする方法ですが、以下です。

1、右下のWifiや音量を調整するメニューを開き、Bluetoothを選択

2、Blutoothのデバイス一覧が出てきたら、右上の歯車マークをクリック

3、設定画面が出てくるので、Airpodsのケース下部にあるボタンを長押しする

4、するとペアリング候補にAirpodsが出てくるのでこれを選択すれば、ペアリング完了

ちなみに、iPhoneに切り替えを戻したい場合はiPhoneのBluetooth選択画面で選んであげれば戻すことができます。

このときにChromebookで音楽を再生しているとパソコンのスピーカーから再生されてしまうので注意です。

Chromebookと一度ペアリングしてしまえば、ペアリング済のデバイスでAirpodsを選択できるようになるので、いつでも即切り替えすることができます。

Airpods以外でもBluetoothイヤフォンであればできるのかもしれませんが、この切り替えの容易さはマジで神だと思う。


まとめ

ということで、AirpodsとChromebookを接続する方法でした。

気軽に出力先を変更できるのはマジでありがたいですよね。色々なデバイス同士の連携を試していきたいと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です