Wimax w01に中継機を使ったら家の中での速度改善ができた話

我が家では光などを使わず、Wimax(w01)メインでネット環境を構築しているのですが、ご存知の通り、Wimax、家の中だと極端に速度が落ちるんですよね・・・。

特に鉄骨だと悲惨なことになります。

引っ越す前などは、Wimaxのエリア外ということもあり、解約するかどうかを真剣に悩んでおりました。

今は、ある程度電波が入るところに越してきたので、使えてはいるものの、実用的なレベルにはあと少し、というところで、結局スマホのテザリングを使うこともある、という費用分の効果を実感できていない状態が続いていました。

中継機を買ってみた

そんな中、端の部屋に端末を置いてリビングで仕事をしたりすることが増えてきたので、少しでもマシになれば、という思いで中継機を購入してみました。

買ったのはコレ、アイオーデータWN-G300EXPです。めちゃくちゃコンパクトで、電源に挿してつなぐだけのシンプル設定です。

W01はWPSに対応しているので、設定画面から接続してあげれば、余計な手間もかからず、簡単につなぐことができます。

ただ、5Ghzの周波数には対応してませんので、ご注意を。

CorQpalVYAAXhmd (1)

↑こんな感じ。ちっちゃい!

で、早速測定。奇跡的にW01のアンテナがすべて立つところを見つけたので、端末はソコに設置。

ポイントは可能な限り窓側+高い場所です。マジで少し場所が違うだけでも、結構反応が変わってきますね。

■本体すぐ近くで測定した場合

image

■中継器ありの場合(リビングで測定)

image

■中継器なしの場合(リビングで測定)

image

測定のタイミングで結果は変わりますが、やはり中継機があった方が速度は出る模様。

まあ、もともとそんな速くないのでアレですが、動画も見れるし特に日常で使う分には支障はなさそうです。

まとめ

ネットの仕事をしているにも関わらず、ネット環境が貧弱というのはかなりイケていないのですが、これでひとまずはなんとかなりそうです。

Wimaxは値段だけで見れば光を繋いだりするよりも安く、かつ持ち歩きができるので、家の中でしっかりパフォーマンスが出るようになれば、なかなか悪くない選択肢だと思いました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です