動画制作こそApplePencilは活きる

PayPay祭りのときにセットでこっそり購入したApplePencil(旧式)ですが、やはり買って良かったと思っています。

paypay祭りに便乗してApplewatch4を買ったよ!
何事も勢いが大事ということで、買ってしまいました、Applewatch4。巷ではpaypay祭り開催中ということで、家電量販店は大賑わいですね。僕は渋谷の家電量販店を巡っていたのですが、やはりいつもよりも混雑してる感じで

僕は別に絵を描いたりするわけではないのですが、最近動画を作ってYoutubeに上げていることもあり、細かな作業ができるApplePencilが気になっていました。

動画編集はパソコンがなくてもできる

きっかけはこちらの動画を見ているとき。

慣れてきたら紹介する予定ですが、僕の動画はiPhoneとiPadのみを使って作っています。使っているのは「Lumafusion」という動画編集アプリで、これを使うとそれっぽい動画をパソコンなしで作ることができます。

巷で上がっているゲーム実況動画レベルであれば、これだけで作っていけると確信しているのですが、いかんせん細かな作業が動画編集は発生しがちです。

例えば、どのタイミングで音を入れるか、ノイズをカットするか等、微妙な作業が発生するわけですが、指でスライドさせて調整しようと指の太さで上手く調整できなかったりするんですよね。

そんな中、Lumafusionの解説動画を見ていたところ、ことごとくみなさんApplePencilを使っているんですよ。そういうところでも力を発揮するのかと。

実際、動画編集以外にも画像のトリミング等でも使え、マジで助かっています。まあ、まだ動画制作初心者なので偉そうなことは言えないのですが、先人たちがこぞって使っているからには、やはり理由があるのだろうなと。

まとめ

ApplePencilを勢いで買ってしまったときは正直いらなかったかなあと若干思ったのですが、今日動画編集をしていて、やはり買って間違いはなかったと確信しました。

もっと使いこなして、編集のレベルを上げていきたいものですね。僕は一つ世代が前のiPadProですがApplePencilも旧式で十分だと思っています。安いしね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です