OculusQuest2の純正ケースを買ってみた話

OculusQuest2

こんにちは。今月はガチで散財気味のセキです。

在宅勤務から通勤生活に戻り、日々の食費や趣味の散財などで金がすごいペースで減っている気がする。通勤は悪い文明!ブログの更新も頑張らねばいけませんな。

ということで、本日はOculusQuest2の公式ケースが届いたので、レビューしてみたいと思います。



スポンサーリンク

良いお値段のするスタイリッシュな純正ケース

OculusQuest2関連のアクセサリーはいくつかありますが、本体同様品薄になっていたイメージでした。

ただ、ケースについては在庫が復活したのか、10月25日時点ではサクッと買えるようになっているようです。僕はAmazonで購入しましたが、楽天ビックとかでも買える模様。

届いたケースは、ビニールに入ったシンプルな包装。そして第一印象としては、

デカイ!

です。

まあ、本体に加えてコントローラーも2つ収納しないといけないので、多少かさばるのは仕方がないか。

包装剥がすとこんな感じ。下部にうっすらとオキュラスのロゴが見えますね。

持った感じの印象としては、思いの外硬いです。

ケース部分は硬めのフェルトのような感触で、ふわふわしている感じはなく、ザラザラとしていて、コンコンと硬い。本体の保護という点で言えば、特に問題はなさそうです。

ちなみにファスナーの部分はこちらです。最初「え?これ?」と驚きましたが、ここを持ってジーッと開けていく仕様になっています。なぜこういうデザインにしたのか。

ちなみに、実用性という点ではほぼ気にはなりません。全然これで問題なく使えます。

ただ、ちょっと気になるのはケースの端、つまりファスナーが当たる部分の角にこすれて摩耗してしまわないか心配ではあります。切れたら開けるのは面倒そう。

開けたときの様子はこちら。中に収納イメージの説明図が入ってました。

右のプラスチックの部分にコントローラーを収納し、右下のスペースには充電アダプタやケーブルを入れるスペースがあります。

実際にすべて収納してみたときの図がこちら。

右側には充電池の充電器も入りました。スペースとしてはそこそこ余裕があります。また、このケースは別売りのアクセサリーであるEliteストラップをつけた状態でも収納できます。

Eliteストラップ、きっとこのままハマったら来月あたり買いそうな気がします。

このケースですが、お値段は6,710円。結構します。

サードパーティのケースであれば半額か、ものによっては1/3の値段で買えます。

ケースということもあり、そこまで大きく当たり外れはないとは思うため、無理して純正を買う必要はないと思います。

まあしかし、この形状と収納のバッチリ度であれば文句はないですかね・・。

このケースの気になるところ

このケースの気になるところとしては、やはりなんといってもデカいところですね。

いや、これは他のケースでも同じようなことになるとは思うのですが、さすがにバッグ内に占める容量が大きいので、これもVRゴーグルを持ち運ぶ性と割り切り、大きめのバッグに変えようかな、と悩む次第です。

また、ケースのデザインは美しいのですが、こうして持ち運ぶとなると、この卵型のフォルムには携行性という点では特段メリットもないのが難しいところですね。

あと値段がもっと安ければ言うことなかった。

ケースで6,000円オーバーはお高めであり、じゃあその分、他のケースとの差分がどこかと言われるとデザイン性?ってとこなんですかね。



まとめ

以上、OculusQuest2のケースの紹介でした。

ネガティブなことも書きましたが、総じて所有欲を満たしてくれるケースだと思います。

サードパーティのケースとも比較しつつ、純正の美しいデザインを持つケースで使っていきたい!と思うのであれば、全然買って問題ないと思います。

一方で、普通にケースとして使えれば気にしない!という人はサードパーティ製でも問題はないかと。ひとまず、明日からこいつで持ち運んでいきたいと思いますー!

これでコントローラーを裸でバッグに入れることがなくなるので、一安心ですねw

コメント

タイトルとURLをコピーしました