[レビュー]BoYataのスタンドって実際どうなの?買ってみた

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

ガジェット関連のAmazon定番商品というのはいくつかあると思いますが、BoYataのスタンドもその一つではないでしょうか。BoYataは先日記事で紹介したPitakaと同じく、中国のメーカーですね。

在宅ワークが広まってからというもの、必須アイテムとしてYoutubeではレビュー動画がめちゃめちゃありますが、家電量販店では見ることのないBoYata。僕も気にはなりつつこれまでは100均のミニテーブルにパソコンを乗せて使っていました。

しかしこの度、ついにBoyataデビューをしました。たまたまAmazonみたらかなり安くなっていたので、購入してみたわけです。買うなら今ですよ、奥さん!

スポンサーリンク

BoYata ノートパソコン スタンド

購入したのはこちら。17インチ以下対応のノートパソコンスタンドです。

BoYataのスタンドはめちゃめちゃ売れている17インチ以下のスタンドが、これの他にもう一つあります。

これです。見てください。レビュー数の多さ。11,072件はさすがに大人気商品なだけあります。

一方、今回僕が買ったものも、レビュー数だけで見れば9,324と相当なもの。正直デザイン面以外での違いが見いだせませんでしたが、お値段は僕が買ったものの方が10%ほど安いです。

開封すると、折り畳まれた状態で現れます。ちなみに僕が購入したカラーはシャンパンゴールド。なかなか良い色合いで気に入っています。

組み立て自体はただ広げるだけ。しかしまあこれが硬い!

重量自体は約1.2kgと軽いのですが、可動部のところがかなり硬く、大人の男でも両手で掴まないと動きません。なので、力が弱い女性だと最初は結構大変かも。

パソコンの安定感は抜群。前面のツメの部分にゴムが貼ってあるので、パソコンの設置面が傷つくこともなさそうです。高さ、角度についても問題なく、姿勢改善と書いてあるだけあり、柔軟に調整することができます。

タブレットスタンドとして

正直な話、パソコンスタンドとしては全く問題なく機能することは最初からわかっていました。だってこんなに評判がいいんだもの。

個人的に気になっていたのは、タブレットスタンドとしてどうか、ということです。

急な傾斜をつけて、iPadを立てかけてスタンドとして使えるかどうかを気にしていたのですが、それも無難にできそうです。

僕のiPad Proは11インチですが、こうして見るとBoYataのスタンドがだいぶ大きいことがわかります。置くところの面にまだまだ余裕がある感じ。

傾斜はこんな感じでまったく問題なくスタンドとしても機能します。

これでお値段としてはセール時3,699円。え、もしかしてPitakaのスタンド買うよりこっちの方が汎用性高かったか?

実際、在宅ワークのお供として会社のパソコンを置いて仕事をしてみましたが、かなりサマになり、機能性としても申し分ありません。たしかにもっと早く買えばよかったと思う程度には安定感が抜群だし、それでいて重さも想像以上に軽いのはグッドなポイント。

まさに鉄板商品にふさわしいクオリティだと思います。てか、ひとまずこれを買っておけば問題ない。ちなみに対荷重は20kgまで。ノートPCやタブレットを置く分には困らないと思います。

読書用スタンドとして

このBoYataのスタンドの使いかたとして、僕は読書用スタンドとしての活用も提案したいと思います。本を読んでいるとどうしても下を向いてしまい、姿勢が悪くなってしまいがちなのですが、BoYataのスタンドがあれば、本を好みの角度で立てかけておくことができます。

クリップなどがあれば、ページを留めておくこともできるので、メモを取るときなんかに便利そうですね。やはり、サイズとして結構大きいので、色々な用途で使うことができそうです。

まとめ

以上、初のBoYataのスタンドでした。

BoYataのスタンド。意外とAmazonでの取扱って4年くらい前からあるそうで、たしかにこういった商品ってよほどのことがない限り、モデルチェンジする必要もないよなあと思いました。

1台持っておけばタブレットにもPCにも使えるし、かなりコスパが良いと思います。まだ買っていない方がいれば、安くなっているうちにぜひ。

コメント