【WF-1000XM4】バッテリー劣化を修理、というか交換してもらった話

ガジェット
この記事は約6分で読めます。

僕がSonyのWF1000XM4を購入したのは2021年11月のことですが、それまでAirpodsProを使っており、それ以外のイヤフォンは使えない、というイメージを見事に壊してくれた製品でした。

音質、普段の取り回し、バッテリーの持ちなども含めてAirpodsよりも素直にいい、と思えましたし、WF1000XM4を紹介した友人もすごく喜んでくれて、万人受けする完成度の高いイヤフォンだと感じました。

それで毎日のように使っていたのですが、ある日仕事のリモート会議の際に異変が。まだ使い始めて1時間くらいしか経っていないのに、バッテリーが20%を切るアラートが出たのです。

スポンサーリンク

バッテリーの急速な劣化が発生

最初はバグかな、と思って気にしなかったのですが、そのあとiPhoneに接続していても同じ現象が発生するため、いよいよおかしいと思い、公式のHeadphonesアプリを開いて、音楽を再生してどの程度バッテリーが減るのか確認しました。

結果としては、10分で15%ほど減少し、約1時間でバッテリーが切れる状態となっていました。特に左のイヤフォンのバッテリー消耗が激しい。通常の使用時間は公式の資料でノイキャンありで8時間です。それが使用期間1年足らずで、1時間で切れるとなるとこれは明らかに不具合だと感じました。

ちなみにDSEE Extremeをオフにしても大して変わりませんでしたし、そもそも1時間で切れる状態に多少使用時間が伸びたとしても、あまり意味がありません。

公式に連絡してみる

僕の場合、仕事でも使用していたので、これだと支障が出る、ということで公式に問い合わせをしました。

修理の目安料金の確認・修理の申し込み | 総合サポート・お問い合わせ | ソニー

メールで問い合わせたところ、割とすぐに返信が返ってきました。

内容としては、まず公式Q&Aにで記載のあるリセットや設定を変えて試してみて欲しいとのこと。

イヤホンのリセット・初期化をお試しください。

—————————————————-

◆リセットする

WF-1000XM4 | ヘルプガイド | リセットする

◆初期化する

WF-1000XM4 | ヘルプガイド | 初期化する

—————————————————-

・以下のURLに沿って操作をお試しいただき、

改善できるかご確認いただけますでしょうか。

◆使用時間が短い、電池の持ちが悪い

WF-1000XM4 | ヘルプガイド | 使用時間が短い、電池の持ちが悪い

まあただ当然、既に公式の1/8しかバッテリーが持たない状態となっている異常自体のため、変更やリセットをかけても何も変わらず。

その旨をサポートに連絡したところ、修理が必要なので、送って欲しいとの結果となりました。

購入してから1年以内のため、保証期間内です。そのため、基本修理代はかからないものの、郵送する場合は送料が自己負担になります。往復で2,500円くらいでした。

《送付時のご注意点》

 1. 輸送中に破損など起きぬようしっかり梱包してください。

 2. お名前、ご住所、お電話番号、製品型名、症状を記入した

  メモを同梱願います。

3. 修理料金は、製品返却時に現金またはクレジットカードでのお支払いとなります。

  メーカー保証期間中の場合は、保証書またはご購入明細書を

  同梱願います。

保証期間内とわかる保証書、またはご購入明細書をと書かれていましたが、僕の場合保証書は昔に捨ててしまっていたので、楽天で購入したときの領収書を印刷し、同封しました。

発送後2週間程度で連絡がくる

発送してからというもの、特に受領連絡などはなく、2週間ほど経ったタイミングでソニーから電話がありました。修理が完了したので、あと数日で届くとのこと。

その際にアンケートとしていくつか質問を受けました。

主に充電環境のことを聞かれ、終了。対応は丁寧でしたし、親近感の持てる落ち着いた感じのお姉さんが対応してくれました。

そして数日後、修理品が届きました。

中身を確認したところ、修理というか交換でした。ケースとイヤフォンが交換対応され、イヤーチップだけは元のものがつけられていました。

つまり実質的に新品と交換されていました。

なぜバッテリーの劣化が発生したのか

さて、ここで重要なのはなぜこんなにバッテリーの劣化が急速に進んだのか、ということです。

僕は特に荒っぽい使い方もしておらず、普段はケースに入れて、丁寧に使っていました。

そのため、一つ仮説として思い当たるのはワイヤレス充電です。

僕は普段、AnkerのMagGoを使って充電しています。これもまた素晴らしい製品で、非常に愛用しているのですが、iPhone含め充電するときに少し熱を持つんですよね。

WF-1000XM4については、特にそこまで熱いと感じることはなかったように思うのですが、ワイヤレス充電の熱によって、バッテリーの劣化が早まったのではないか、ということです。

特に僕の場合はシリコン製のケースを付けているため、さらに熱がこもっていた可能性があります。

ソニーの担当から電話があった際、質問項目で真っ先にでてきたのが、ワイヤレス充電を使っていたかどうかで、次にケースをつけているかどうか、ということでした。

僕もちょうど気になっていたので、やはりワイヤレス充電は使わない方がいいのでしょうか?と聞くと、担当さんはアンケートの質問項目として入っているので、もしかしたらその可能性もあります、というふわっとした回答でした。

ただ、他に思い当たることもないので、ワイヤレス充電が悪さをしている可能性はあります。一応、修理後は有線で充電するようにしています。しかしまあ、公式で実装されているワイヤレス充電がバッテリー劣化を早めるものだとすると、かなり微妙ですね・・・。

ワイヤレス充電自体は非常に便利であり、特に家の中ではあまり使わないワイヤレスイヤフォンの充電手段としては最適ですからね・・。

まとめ

返ってきたWF-1000XM4は、装着時にバッテリー残量まで親切に教えてくれるようになっていました。アップデートがあったんでしょうか。

とりあえず、これさえ買っておけば間違いない!というイヤフォンであることには間違いないのですが、バッテリーはどうしても消耗品であるので、なるべく長く使えるようにしていきたいですね。

コメント